クリスチャン・ディオール

クリスチャンディオール

20世紀はじめにフランスのノルマンジーで生まれたクリスチャン・ディオールは、 パリ政治学院で学んだ秀才ですが、 芸術好きの彼はアートギャラリーを開店します。

しかし、長続きせず、彼はデザイナーとして生計を立てていきます。

その当時の仲間にはピエール・バルマンなどがいます。

1945年にようやく独立したクリスチャン・ディオールは、 1947年から彼が心臓麻痺で死ぬ1957年まで、 11年間にわたってパリのオートクチュール界のトップブランドとして君臨し続けました。

彼の死後、ブランドとしてのクリスチャン・ディオールは、 経営危機や親会社の倒産などの幾多の苦難を経ながらも、 ジャン・フランコフェレやジョン・ガリアーノといった優れたデザイナーの手で、 「衝撃的に華やかで華麗な」ファッションブランドとして、 オートクチュールの王様としての地位を維持しております。

現在のクリスチャン・ディオールはベルナール・アルノーが経営する世界最大のブランド企業グループの中核会社として存在し、 その傘下には、ルイ・ヴィトン、セリーヌ、ケンゾー、エミリオ・ブッチ、ジバンシー、 デ・ビアス、ドン・ペリニヨン、ヘネシーなどの超有名ブランド企業が綺羅星のごとく連なっている。

 

関連記事

ページ上部へ戻る