カルティエの歴史

カルティエ

1847年 ルイ・フランソワ・カルティエがパリに宝石細工のアトリエを開店

1974年 息子のアルフレッド・カルティエが経営権を引き継ぐ

1898年 アルフレッドの長男ルイ・ジョゼ・カルティエが共同経営者となる

1899年 ラ・ペ通り13番地に移転

1904年 ルイ・フランソワ・カルティエ死去。カルティエ、イギリス国王およびスペイン国王御用達となる。ルイ、友人のブラジルの富豪飛行家サントス・デュモンに腕時計を製作

1906年 アルフレッドの3男ジャック・カルティエ、ロンドン店の経営者に就任

1909年 アルフレッドの次男ピエール・カルティエ、ニューヨーク店を開店

1908年 2Cロゴ誕生

1911年 腕時計サントス・デュモンを発表

1914年 パンテールモチーフ発表

1919年 腕時計タンクを発表

1925年 アルフレッド・カルティエ死去

1942年 ルイ・カルティエ、ジャック・カルティエ死去

1945年 ピエール・カルティエ、カルティエ・ニューヨークとカルティエ・パリの社長に就任

1948年 ルイの息子クロード・カルティエ、カルティエ・ニューヨークの社長に就任

1965年 ピエール・カルティエ死去

1969年 カルティエ、オークションで69.42カラットのペアシェイプカットダイヤモンドを購入し、リチャード・バートンに売却。リチャード・バートンは、これをエリザベス テイラーに贈る

1972年 ジョゼフ・カヌイを中心とする投資家グループがカルティエ・パリを買収

1974年 投資家グループ、カルティエ・ロンドン買収

1979年 パリ、ロンドン、ニューヨーク各店をカルティエ・モンドの下に統合

1993年 カルティエ、ピアジェ、ボーム&メルシエ、ダンヒル、モンブランなどの有名ブランドがヴァンドーム・グループを設立

関連記事

ページ上部へ戻る