モンクレール

モンクレール

モンクレール(MONCLER)はアウトドアブランドとして有名ですよね。

モンクレールは冬季オリンピック開催でも有名なフランスのグルノーブル郊外のMonestierdeClermont(モネスチエドゥクレールモン)村に作られた、テントやシュラフなどを製造する会社でした。 創立は1952年と言われています。

ヒマラヤ登頂で有名なフランス人の登山家リオネル・テレイをテクニカルアドバイザーとして、シュラフを改良して、軽くて暖かで機能的なダウンジャケットを開発しました。

そして、それらのウェアをイタリアのカラコルム登頂隊やフランスのマカル登頂隊などに提供したことから、モンクレールは一躍、世界の登山家御用達のブランドとして支持されるようになりました。

グルノーブルオリンピック時にフランスのアルペンスキーのナショナルチームの公式スポンサーになったのを契機に、モンクレールはフランスの国鳥である”オンドリ”をシンボルマークとしています。

1980年代になると、モンクレールは登山家やスキーヤー以外の一般の人を対象としたダウンジャケットなどを開発し、レディースも発売するようになります。そして、今や、モンクレールはファッションブランドとして地位を確立しました。

モンクレールは特徴は、その歴史からもわかるように、最高品質のダウンを使用していることです。 収穫したばかりの新しいダウンは軽くて保温力にすぐれていますが、1羽のホワイトグースから30gしか取れません。ですから、非常に生産量が少なく貴重なものです。

モンクレールのダウンウェアは全ての製品が、ニューダウンのみを使用し、最高品質を示す4Floconsの認定証付きです。

また、モンクレールはファッションブランドとしても20年以上の歴史を持っており、ダウンジャケットと言えども、さまざまなモデルがラインナップされており、レディースは、女性をよりきれいに魅せるくびれたウェストラインと若干細めのシルエットなど、街中のファッションアイテムとしても十二分に通用するセンスを持っています。

 

ページ上部へ戻る